2009年07月27日

ピープル・アー・ストレインジ/ザ・ドアーズ

People Are Strange/The Doors





今一世を風靡している村上春樹小説

〜ノルウェイの森〜では

さまざまな音楽が取り上げられている

「阿美寮」で直子とレイコさんと三人で

2泊3日の時を過ごした主人公ワタナベは

実生活に戻るが、現実感がわかず

「ここがなんだか本当の世界じゃないような」気がする

「人々もまわりの風景もなんだか本当じゃないように思える」

そんな時に緑との会話でこの曲が登場する



「ジム・モリソンの歌にたしかそういうのあったわよね」


【Lyrics】
People are strange, when you're a stranger
Faces look ugly when you're alone
People seem wicked, when you're unwanted
Streets are uneven, when you're down.

When you're strange, faces come out of the rain
When you're strange, no one remembers your name
When you're strange, when you're strange, when you're strange.

People are strange, when you're a stranger
Faces look ugly when you're alone
People seem wicked, when you're unwanted
Streets are uneven, when you're down.

When you're strange, faces come out of the rain
When you're strange, no one remembers your name
When you're strange, when you're strange, when you're strange.

When you're strange, faces come out of the rain
When you're strange, no one remembers your name
When you're strange, when you're strange, when you're strange





posted by オーメンまこと at 23:37| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。