2009年09月28日

ブリージン/ジョージ・ベンソン

Breezin'/George Benson






5年振りにジョージ・ベンソンのリーダー・アルバム
「Songs And Stories」が発表された。

プロデュースはマーカス・ミラー
ソング・ライター及び演奏者は
ビル・ウィザース
スモーキー・ロビンソン
デヴィッド・ペイチ
スティーヴ・ルカサー etc. 
という豪華な顔ぶれ

カバー曲
「Don't Let Me Be Lonely Tonight」/ジェームス・テイラー
「Rainy Night in Georgia」
「Sailing」/クリストファー・クロス 
など あり

ジョージ・ベンソンはギタリストだと思ってましたが、
実はシンガーだったんですね。

とゆ〜か、偉大なミュージシャンは
表現方法に楽器とか自分の声とか
手段を選ばない、ってことですかねぇ?


posted by オーメンまこと at 21:58| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、まことさん、こ〜んな懐かしい曲を.....^^;
もしかして、私が梅田(大阪です)のLPコーナーをフラフラしてたときに
隣でLP見てたとか??(いや、ウン十年前ですけどね(笑))
このタイトルのアルバムの中のマスカレードが好きでした〜。
ギターソロとスキャットのユニゾンがかっこいいんですよね♪
Posted by betty at 2009年09月30日 15:48
Bettyさんは関西の人なんですか?
マスカレードは私も好きですよぉ〜
実は何年か前に梅田のブルーノートで
ベンソンの実物を見たことがあります。
私の数少ない生演奏体験のひとつですが。

今、私は久しぶりの東京出張で
ホテルのフロントにいます。
なので落ち着いて今日の気分曲を
アップ出来ませんが、明日は帰岡しますので
アップ曲請うご期待です!
Posted by オーメンまこと at 2009年10月01日 22:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。