2009年10月24日

ザ・ドック・オブ・ザ・ベイ/オーティス・レディング

The Dock Of The Bay/Otis Redding






昨今の世の中、音楽を聴こうとすると
CDだったり、NETからダウンロードしたり
ということになるけど

昔ながらのプレーヤーで
ターンテーブルを廻し、針をそっとおろして
プツプツというノイズを聴きながら
曲の頭だしを待つ・・・・

そんなワクがムネムネした感じが懐かしい猫


どう考えてもCDよりかレコードのほうが
しっくりくる時代の音楽ってある

一度口ずさむと頭から離れなくなるメロディーって
あるるんるん



【Lyrics】
Sitting in the morning sun
I'll be sitting when the evening comes
Watching the ships roll in
And I watch 'em roll away again

[Refrain]
Sitting on the dock of the bay
Watching the tide roll away
I'm just sitting on the dock of the bay
Wasting time

I left my home in Georgia
Headed for the 'Frisco bay
'Cause I had nothin to live for
And look like nothing's gonna come my way

So I'm just...
[Refrain]

Look like nothing's gonna change
Everything still remains the same
I can't do what ten people tell me to do
So I guess I'll remain the same

Sittin here resting my bones
And this loneliness won't leave me alone
It's two thousand miles I roamed
Just to make this dock my home

Now, I'm just...






posted by オーメンまこと at 00:09| Comment(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ドッグ オブ ザ ベイ 歌詞 和訳 で 検索中です。
渋い曲ですよね 最高です。
こないだ カラオケで 歌ってみました。口笛が僕は 鳴らないのです。
この歌の歌詞 アウトロー的というか
失業していた頃 公園のベンチで 座っていた僕のことを 思い出します。
そして 人生で 疲れたとき 港の公園で 海を見つめていた事を 思い出します。
もっと 男のロマンのような歌なんだと思います。海の向こうには 何があるかなぁ。
水平線の向こうには〜
村石太 セレクト ベスト ソング
音楽同好会(名前検討中 オーティス レディングを語る会 ドッグ オブ ザ ベイ
Posted by アト ザ 村石太 at 2013年04月09日 21:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。