2010年06月15日

ザ・サークル・ゲーム/ジョニ・ミッチェル




本格的な梅雨の到来だ
朝からかなり激しい降り方霧

信号待ちで通り過ぎる車に車(セダン)
水をぶっかけられないように
細心の注意を払いながら

なんとかあまり服を濡らすことなく
もうちょっとで会社へ到着する
というその時小雨

横断歩道で小学生が真横を走り抜けた
思いっきり水溜りを踏みつけて
水溜りの水を思いっきり跳ね飛ばして行ったあせあせ(飛び散る汗)

おかげでズボンの裾はビショビショに台風

なんじゃあのガキャあ
ワールドカップ初戦の勝利に
浮かれてるのか

車は注意してたけど不覚にも
小学生はマークしてなかったバッド(下向き矢印)

またしてもズボンの裾から
水の滴るいい男と化してしまったたらーっ(汗)



さて、そんな梅雨模様の悪天候の中
はて去年の梅雨もこんなんだったかなぁ
などと思いを馳せながら
巡る〜巡る季節の中で
人生をサークル・ゲームのように感じる
今日この頃であった犬




【Lyrics】
Yesterday, a child came out to wander
Caught a dragonfly inside a jar
Fearful when the sky was full of thunder
And tearful at the falling of a star

And the seasons they go 'round and 'round
And the painted ponies go up and down
We're captive on the carousel of time
We can't return we can only look behind
From where we came
And go round and round and round
In the circle game

Then, the child moved ten times 'round the seasons
Skated over ten clear frozen streams
Words like, "When you're older", must appease him
And promises of someday make his dreams

Sixteen springs and sixteen summers gone now
Cartwheels turn to car wheels through the town
And they tell him, "Take your time. It won't be long now.
'Til you drag your feet to slow the circles down"

And the seasons they go 'round and 'round
And the painted ponies go up and down
We're captive on the carousel of time
We can't return we can only look behind
From where we came
And go round and round and round
In the circle game

So the years spin by and now the boy is twenty
Though his dreams have lost some grandeur coming true
There'll be new dreams, maybe better dreams and plenty
Before the last revolving year is through.

And the seasons they go 'round and 'round
And the painted ponies go up and down
We're captive on the carousel of time
We can't return, we can only look behind
From where we came
And go round and 'round and 'round
In the circle game
And go 'round and 'round and 'round in the circle game.




posted by オーメンまこと at 22:19| Comment(2) | ときめき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またしても、過去記事に登場の巻〜

この歌はジョニ・ミッチェルって人を知らないで
姉が歌うのをまねて、ギターの弾き語りで
中学生のころ歌っていたわ。real timeであったかどうかは不明です。

Posted by PATTI at 2011年10月18日 00:53
過去記事へようこそ PATTI姫♪

そうか〜
世の名曲という名曲はすべて
姫の毒牙にかかるのね、
失礼、姫の美声で洗われる、でした!
Posted by オーメンまこと at 2011年10月18日 06:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。