2011年07月13日

フーツ/スタッフ




〜テーマは脱力〜

今年のテーマは脱力で行こうと思う!
脱力と言っても
仕事する気力を抜こうとか
バンドもやる気しないとか
はたまた
ウ○コ我慢できずに脱糞するとか
そういうことではない猫

脱力ドラミング

モーラー奏法とまではいかないまでも
うねるようなしなるような表現をしてみたい〜
と自分で勝手に思ってる

"脱力"でイメージされるバンドといえば
NYの凄腕スタジオ・ミュージシャンが結集した
”Stuff”

テクニシャン達が脱力して
アンサンブルを楽しんでいるるんるん

惜しまれるかな
エリック・ゲイルも
リチャード・ティーも
今年の5月にはコーネル・デュプリーまで
逝ってしまったけど
永遠に語り継がれる
☆☆☆☆☆☆サウンドだ 

posted by オーメンまこと at 22:02| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーメンさん こんばんわ*☆

スティーヴ・ガッド 若いですね〜♪
音楽って、肩の力を抜いてリラックスして楽しむ
STAFFって、そんなことを演奏で感じさせてくれるバンドですよね。。

コーネル・デュプリー 亡くなってたこと、知らなかったです。
ほんとに、いつまでも心に残る名演ですね♪
Posted by 諸星輝々 at 2011年07月13日 22:33
素人ドラマーはついつい
肩に力入りすぎます(^▽^;)

この夏のイベントは”脱力”で
乗り切ろうと思います♪

コーネル・デュプリーのことは
ネット・サーフィンしてて
サイバー・フュージョンってサイトで知りました。
でもなんでみんな40〜60代とかの若さで
逝ってしまうのでしょうか?
残念です(TmT)
Posted by オーメンまこと at 2011年07月14日 00:49
omさん、こんにちわ
特にEric Galeが大好きです。ギターなのに、
息継ぎしてるような
フレーズのつなぎ目が たまらないんです。
Stuff…とっても人気があったのにいつも
スタジオでレコーディングしてるまんまの
スタイル
自然体でいい音楽を紡ぎだす
最高のバンドでしたね。
ライヴにも行ったことあります♪
Posted by PATTI at 2011年07月14日 09:12
PATTIさん こんにちは
ギターの息継ぎとは、言いえて妙d(-_^)
ほんと、そんな感じですね〜♪

Stuffの特にこのフーツの気だるさがスキです。

omのライヴ経験は数えるほどだけど
Stuffは一度大阪で見ました。
その時は、ただただガッドのソロに
お口あんぐり・・・・でしたね♪
Posted by オーメンまこと at 2011年07月14日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。