2011年07月26日

キャン・ユー・フィール・ホワット・アイム・セイイング/ミニー・リパートン




先日、出張先の名古屋駅で
外人さんに道を聞かれた
「Excuse Me〜?」と言ったと思う
「フーフン?」とっさにom
どことなく外人モードになっている

外人;ペーパーを指さしながら
「コレハ ドッチデスカ?」
そこにはmetroとか何か書いてある
om「Oh Subway ね」
なぜかOhとか感嘆詞をつけてる
Subwayね とは言っても
omは名古屋の地下鉄など全く知らない

om「ココハ シンカンセン
イッカイデテ マタハイル」

日本人でもよくわからない説明だ
イントネーションが変になってるだけで
全部日本語じゃないかexclamation

結局、身振り手振りで
指差してるだけバッド(下向き矢印)

イケメンの若い外人だったけど
omが何言ってるか
少しはくみとってもらえただろうかexclamation&question

Can you feel what I'm saying?

なんて英語が出てくるわけもない犬



【Lyrics】
First we learn how to care
magical dreams, midnight summer air
Wouldn't it be nice to find that
some... warm... to share
What I care
Maybe someone to love for a lifetime

Oooh, I have love supreme
Mystical movements making me flow free
Slippin' in between the stars we
find that shine all the time
Now they're yours
Now they're mine
Now there's someone to love for a life time

Ohh, can you feel what I'm saying
touching you... touching... touching me
Can you feel what I'm saying
touching you... touching... touching me





posted by オーメンまこと at 22:40| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ☆
omさんの記事とは違い(ごめんなさい)、何とも色っぽい歌詞…
冒頭の超音波がシンセではなく、ミニーの生声だとは、知らない人は信じられないかもしれませんね。
彼女とマントラのシェリルは5オクターブ以上を使いこなす高音マシーン。私は3オクターブと3度。これでも結構な高さですよ。5だなんて。もはや人の声には聞こえません。それも、正確な音程で。尊敬の一言です。
ミニーが生きていたら、マライア・キャリーだって
頭角を現せなかったかもな〜
Posted by PATTI at 2011年07月27日 00:47
PATTIさん お返事遅くなってすいません。

マライアもミニーも
初めて聴いたときはびっくり仰天でした。
しかし不思議とあの高音は
何度もリピートして聴きたくなります♪

PATTIさんも 3オクターヴ3度ですか!?
さすが、すんげぇーですね!
Posted by オーメンまこと at 2011年07月28日 15:51
オーメンさん こんばんわ〜☆

ミニー・リバートン
ささやくような感じでちょっとビブラートをかけたようなヴォーカル
ハートをくすぐられます♪

しかし、凄いハイトーンヴォイスなんですね。。
Posted by 諸星輝々 at 2011年07月28日 22:20
輝々さん いつもありがとうございます♪

神は時々いたずらで
5オクターブの声の持ち主を創造したのでしょうか?
それはまるで天使のささやきにも聴こえます。
そんなハイトーン・ボイスの持ち主を
若くして天に昇らせたのも
神のいたずらなのでしょうか??
Posted by オーメンまこと at 2011年07月30日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。