2011年11月27日

ワンダフル・トゥナイト/エリック・クラプトン

ワンダフル・トゥナイト/エリック・クラプトン




エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド来日公演
at 広島グリーンアリーナ に行ってきましたグッド(上向き矢印)

もちろんomの目当てはガッド様ぴかぴか(新しい)
おそらくごまんといる
ギター少年ならぬ"ギター壮年?"とも言われる人達は
"ギターの神様"目当てで、ほとんどガッドなんて
眼中になかっただろうけど・・・・

ギターの神様とガッドの競演
それに、クラプトンの盟友
スティーヴ・ウィンウッドのフューチャリング
なにかと話題の多いライブだ

定刻ちょい過ぎから無駄なmcなどなしで
淡々と進められるステージ
予定通りオープニングは
ブラインド・フェイス時代の「泣きたい気持ち」

最初、音全体がイマイチはっきりしないのは
アリーナだから仕方ない?この音質で
最後まで聴かなきゃいけない?と思った、がしかし
やはりスタッフはプロ!次第に音質は改善され
ハイハットは息づき
スネアとタムも鳴り始め
これでこそガッドだぁ〜
とomは大満足グッド(上向き矢印)
スローブルースではスネアがアリーナ後方に反響し
違和感のない臨場感を醸し出したぴかぴか(新しい)

※ステージの雰囲気はこんな感じでした
 ⇒voodoo chile

予定通りのセット・リストだったのか
レイラとホワイトルームは演奏されなかったけど
コカイン、ワンダフル・トゥナイト、クロスロード
あたりで往年のクラプトン・ファンは大満足

特筆すべきはウィン・ウッドの
ヴォーカル、ハモンドオルガンもさることながら
黒人2名のバックコーラスのカッコ良さが
おおいに会場を盛り上げた

あくまでバッキングに徹したガッドexclamation
その しなり、安定感
バンドの屋台骨としての存在感を
を感じさせてくれた

とってもブルージーな
ワンダフルなトゥナイトだった夜



【Lyrics】
It's late in the evening; she's wondering what clothes to wear.
She'll put on her make-up and brushes her long blonde hair.
And then she asks me, "Do I look all right?"
And I say, "Yes, you look wonderful tonight."

We go to a party and everyone turns to see
This beautiful lady that's walking around with me.
And then she asks me, "Do you feel all right?"
And I say, "Yes, I feel wonderful tonight."

I feel wonderful because I see
The love light in your eyes.

And the wonder of it all
Is that you just don't realize how much I love you.
It's time to go home now and I've got an aching head,
So I give her the car keys and she helps me to bed.

And then I tell her, as I turn out the light,
I say, "My darling, you were wonderful tonight.
Oh my darling, you were wonderful tonight."
posted by オーメンまこと at 23:48| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日わんこ   omさん

レイラを演奏しないプランクトンって、やはり詐欺ではないでしょうか! 金返せ〜と私なら怒る!
Posted by Keith at 2011年11月28日 14:13
omさん、よかったね!
こういう最高峰は、
ファンであるなしにかかわらず、
歌や演奏するものなら
行くべきだと思いました。
私も無性にコンサートに
行きたくなったよ〜
Posted by PATTI at 2011年11月28日 17:10
僕は、12月3日に武道館に行きますよ。
クラプトンは何回行ってもいいですよね。

しかし、今年のコンサートはaikoとクラプトンだけで終わりそう。
去年はaikoとマイケル・シェンカーしか行かなかった。
どうも最近、出不精になってしまって・・・。
よしっ!、来年はたくさんライブに行くぞ!!!
Posted by YASU at 2011年11月28日 21:40
こんばんワン ダフ〜 キースさん

レイラはいつ出るか、いつでるか
って感じで構えたんだけど
空振りでした
だけどクロスロードも良かったですよ
それなりに満足♪

はじめから今回のライヴは
スティーヴ・ウィンウッドを持ち上げて
クラプトンは少し引いてるんだろうな〜
って予感はあったので〜

om的にはガッドに近づけただけで満足!
でした
Posted by オーメンまこと at 2011年11月28日 21:55
こんばんワン ダフ〜 PATTIさん

広島のグリーンアリーナでは
クラプトンの前日
エアロスミスのコンサートだったんですよ

二晩続けてのビック・アーチスト
さすが都会の広島!(岡山から見るとね)

その点関西もいくらでもチャンスが
あって良いですね〜
パティ・オースティンも見たいですね!
Posted by オーメンまこと at 2011年11月28日 22:00
こんばんワンダフル! YASUさん♪

そりゃあ金と暇さえあれば
いくらでも行きたいですよね〜コンサート

やはり生! やはり本物!
これは何者にも代えがたいですよね

武道館 堪能してきてくださ〜い♪
Posted by オーメンまこと at 2011年11月28日 22:04
Omさん Live参戦お疲れでした〜

昨年と同じメンバー構成での来日公演だったのでしょうか。
さすが広島・・隣県の島根にも来てほしい・・なんて ちょい無理ですよね。。
3人それぞれ、円熟のプレイって感じでいいですね。こういうLIVE、味わってみたいです♪

Posted by 諸星輝々 at 2011年11月29日 00:39
こんばんは

「Voodoo Chile」は、言わずと知れたジミヘンのナンバーですが、そのセッションにはスティーヴ・ウィンウッドも参加してるんすよね。
なんてことを考えると、感慨もひとしおな分けで、まさにロックの生き証人達、さらに、ガッドをプラスしたコンサートが観れたなんて、羨ましすぎです^^
Posted by ジオヤー at 2011年11月29日 01:30
こんにちワン 輝々さん

はて?昨年のメンバーはよく知らないのですが
クラプトンは今後も単独コンサートと
ウィンウッドを伴ったライヴと
どちらも続けたい意向を持っているように聞きました。
毎年のようにライヴを重ねてもこの集客力!
まあ神様ですから当然と言えば当然ですね♪
Posted by オーメンまこと at 2011年11月29日 12:43
こんにちは〜 ジオヤーさん

そうなんですよ〜
ウィンウッドをフューチャーすることで
お互いそれぞれのソロ・ナンバーや
ブラインド・フェイス時代のナンバー
デイヴ・メイソンとやってた頃の
ギミ・サム・ラヴィンとか
Voodoo Chile や フーチークーチーマン
なんてナンバーもあり
バラエティーに富んだステージでした♪

ブルージーなばかりでなく
見ごたえのあるライヴでしたね。
Posted by オーメンまこと at 2011年11月29日 12:50
omさん、こんにちワンダフル〜(^^)v
また、聴きに来ました〜
Steve Winwoodの歌、いいね!

Steve Gaddが、なんだかさびしそうに思えちゃう。
考えすぎだろうけど、彼の周りに年老いたStuffの
other membersがいたら、どれだけ生き生きするだろう
なんて思ってしまって。




Posted by PATTI at 2011年11月29日 16:46
こんばんワンダ ワンダ PATTIさん♪

さすが奇抜な発想
墓場からゾンビを呼び寄せますかぁ〜

Steve Winwood と Stuff は
結びつかなかったです
いろんなイマジネーションに没頭してみるのも
一興ですね♪
けどomの想像力は貧困・・・・
うまくイメージできない〜
Posted by オーメンまこと at 2011年11月29日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。