2012年01月18日

ア・ラヴ・オブ・ユア・オウン/アヴェレージ・ホワイト・バンド




あの頃の自分には戻れない
もう引き返せない〜
 
近年ずっとエアコンとホットカーペットで冬を乗り切ってきたけど 
今年の冬はとても冷え込みが厳しいように感じ 
昨年暮れ”おこた”を購入した
 
いいね、”おこた”グッド(上向き矢印)

昭和の生活がよみがえるぴかぴか(新しい)
しかも最近の”おこた”は
昔のように赤外線が赤くないし
出っ張りが膝にあたることもない 
凄い!時代は進歩してる

 
“おこた”には自然と家族が集まってくる 
限られた空間に足を絡め合いながら寄り添うのも悪くない
そしてTV正面のいちばん良い位置の奪い合いが始まる

全員”自己チュウ”たらーっ(汗)

特等席をGETした者はしばらくは優越感に浸るが
しばらくするとと少し譲り合いが精神が顔をのぞかせる
替わろうか〜??

ただし、そんなしおらしい姿はつかの間
また壮絶な奪い合いが再開するのだったむかっ(怒り)


これぞまさに”自己愛”のせめぎあいだたらーっ(汗)



【Lyrics】
The sooner you give, the sooner you get to have
A love of your own
The longer it takes, the better you come to know
A love of your own, ooh
Now don't you be afraid, to give your heart
You never know till you try it, yeah
Don't deny it to yourself
Don't be afraid, just walk right on in
The door is standing open, you know I'm always hoping
The sooner you give, the sooner you get to have
A love of your own
As far as you go, you're never too far behind
A love of your own
Now don't you be afraid to shoot the moon

You'll never know till you try it
Don't deny it to yourself
Don't you be afraid to change your tune, ooh
The offers always open, you know I'm always hoping
You know I'm always hoping
For, A love of My own, to shelter me from the cold
A love of My own,
A love of My own you never too far behind
A love of your own
You've got to keep looking till you find
A love of your own
A love of your own
You've got to keep looking till you find
A love of your own





posted by オーメンまこと at 22:22| Comment(14) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月10日

Enchanted Dance/Seawind





すっかり色づいたイチョウ並木
ハラハラと黄色い葉が散ってくる
秋だな〜

ダァー子、イチョウの木は
雄の木と雌の木があるの知っとるケ?

知らん知らん

ほら、実がなってる木とそうでない木があるだろう?

ほんとだ!

そうだ!ギンナンとって帰って今日の晩飯にするか?

うん!とろうとろう!けど・・・・ばんめしぃ〜〜?

いいかPAPAが木をゆするぞ

うんうん ゆすってゆすって揺れるハート

というわけで木をゆすってみる
一瞬何も起こらないなぁ、と思う間をおいて

パラパラパラ

頭の上にギンナンの実が落ちてくる

ギャハハギャハハ ダァー子バカうけわーい(嬉しい顔)

もう一回やってやって揺れるハート

もう一回もう一回って赤子じゃあるまいし
いいか、それ

パラパラ

ギャハハギャハハグッド(上向き矢印)

というわけで今日の気分な一曲は

Seawind"Enchanted Dance"

なんでこの曲exclamation&question
聴いてもらうとわかるはずです♪


ラベル:シーウィンド
posted by オーメンまこと at 23:24| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ゴット・イット・クリア/ワークシャイ




夏休みがもうすぐ終わるとなると
子供たちはのんびりとはしておれず
残った宿題に追いまくられてる
(世代が変わってもやってることは同じだ)犬

高校男子は学校が始まると"頭髪検査"があるらしく
長すぎたりアシメだったりすると
OKが出るまで何度でも検査され
しまいには親が呼び出されるらしいたらーっ(汗)
(アシメ=左右対称じゃない髪型を指す言葉と最近知った)

夏の間、流行の?"アシメ"にして
片側だけベロンと目にかかった髪を
母親のアイロン?を使って
真っ直ぐにのばしていたドゥー雄は
当然検査に通るわけもなく
泣く泣く床屋に行ったようだもうやだ〜(悲しい顔)

これでやっと毎日聞こえていた
ガシコ子の「髪、切れ〜、髪、きれ〜」という
ヒステリックミカバンド的シャウトが聞こえなくなったグッド(上向き矢印)

しかし本日登校日初日
それでもドゥー雄は"頭髪検査"にひっかかったらしいあせあせ(飛び散る汗)

やれやれいつになったら
クリアできるものやら

ワークシャイのメロウなサウンドが
ゆく夏を惜しみまするんるん


※曲名のcrear は clear じゃなく
 意味はよく??です、あしからず



ラベル:ワークシャイ
posted by オーメンまこと at 21:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

フーツ/スタッフ




〜テーマは脱力〜

今年のテーマは脱力で行こうと思う!
脱力と言っても
仕事する気力を抜こうとか
バンドもやる気しないとか
はたまた
ウ○コ我慢できずに脱糞するとか
そういうことではない猫

脱力ドラミング

モーラー奏法とまではいかないまでも
うねるようなしなるような表現をしてみたい〜
と自分で勝手に思ってる

"脱力"でイメージされるバンドといえば
NYの凄腕スタジオ・ミュージシャンが結集した
”Stuff”

テクニシャン達が脱力して
アンサンブルを楽しんでいるるんるん

惜しまれるかな
エリック・ゲイルも
リチャード・ティーも
今年の5月にはコーネル・デュプリーまで
逝ってしまったけど
永遠に語り継がれる
☆☆☆☆☆☆サウンドだ 

posted by オーメンまこと at 22:02| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ラヴ・イズ・ザ・プレイス・トゥ・ビー/ワークシャイ





6月にして猛暑日突入とは
先が思いやられるわ

暑さは時に人を奇行に走らせる犬

あまりの暑さにダァー子は
着ているワンピースを胸までたくし上げ
胸元でクルクル丸め
へそからパンツまで丸出しだ

丸めたワンピースは
あたかも年に似合わぬ少女の胸のふくらみに
見えるじゃないか揺れるハート

チラッと見ると
「PAPAぁ〜 今 二度見したわね?」

にどみ〜??
なっ なっ なんだ その鼻にかかった声はあせあせ(飛び散る汗)

ちょっと見ただけじゃないか
大人をからかいやがって
最近に子供はマセすぎじゃぁ〜たらーっ(汗)

ドキッとする揺れるハート夏には晴れ
ワークシャイがよく似合う
Love is the place to be よるんるん



ラベル:ワークシャイ
posted by オーメンまこと at 00:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ロウ・ダウン/ボズ・スキャッグス





今週の日曜日のこと
ちょっとした事件が起きた
ダァー子にとって
おそらくとてもショッキングな事件がexclamation

親子3人スーパーマーケットに出かけた時のこと
たまたま3人が売場でバラバラになった
omは酒売り場でマッコリを
ガシ子(妻)は肉売場で肉を
ダァー子(小4)はお菓子売場でお菓子を
見ていた

その時、そう小4の女の子が一人になった時
ダァー子は何者かに
ケツをさわられたむかっ(怒り)

最初ダァー子はPAPAかと思ったらしい
確かにPAPA、時々ダァー子のケツ
さわるもんなあせあせ(飛び散る汗)
けど、実は見ず知らずのおっさんで
さわると同時に逃げ去ったらしい

ダァー子に状況を聞くと
上は白いTシャツ、下は茶色のスボン
茶色のショルダーバックをかけ
買い物かごは持っていなかった!
と非常に詳細に渡る洞察力ぴかぴか(新しい)

何歳ぐらいのヤツだった?と聞くと
「30代半ば」とキッパリ
痴漢にあいながらもとても気丈だグッド(上向き矢印)

小4にして初痴漢

ガシ子に「経験ないやろ?」と問うと
「そんなことないわ」と憤慨パンチ
ダァー子にとってもいつかきっと
MAMAみたいに自慢話になるよるんるん

さほど"落ち込んでない"ところが
さすが わが娘 
アッパレ



【Lyrics】
Baby's into runnin' around
Hanging with the crowd
Putting your business in the street talking out loud
Saying you bought her this and that
And how much you done spent
I swear she must believe it's all heaven sent
Hey boy, you better bring the chick around
To the sad, sad truth, the dirty lowdown


(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)
Taught her how to talk like that
(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)
Gave her that big idea


Nothing you can't handle, nothing you ain't got
Put the money on the table and drive it off the lot
Turn on that ole lovelight and turn a maybe to a yes
Same old schoolboy game got you into this mess
Hey son, better get on back to town
Face the sad old truth, the dirty lowdown


(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)
Put those ideas in your head
(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)


Come on back down earth, son
Dig the low, low, low, low lowdown


You ain't got to be so bad got to be so cold
This dog eat dog existence sure is getting old
Got to have a Jones for this Jones for that
This running with the Joneses boy
Just ain't where it's at
You gonna come back around
To the sad, sad truth, the dirty lowdown


(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)
Got you thinking like that boy
(Whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)


(I wonder, wonder, wonder, wonder who)
(Say whooooo, I wonder, wonder, wonder, wonder who)
Ooooooh look out for that lowdown
That dirty, dirty, dirty, dirty lowdown
(Whoooo I wonder, wonder, wonder, wonder who, ohh, ohh)
Got you thinking like that




posted by オーメンまこと at 00:36| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

ヴァルチャーズ/ジョン・メイヤー・トリオ




TVを見ていたダァー子(小3)が突然
「ひやむぎ食べた〜い」と言い出した
おいおい、いくらか暖かくなってきたからって
春を通り越して"常夏”気分晴れはないだろう
なんでひやむぎなんだ?

あれよ! あれ!

"あれ"というのは
Mステに出演しているアヴリル・ラヴィーンの髪だったexclamation

青いラインと赤いラインが
ひやむぎに見えたらしい
なるほど冗談のような連想だたらーっ(汗)

!冗談と言えば
ドラマーにとっては
スティーヴ・ジョーダングッド(上向き矢印)

スパイロジャイラのバックや24丁目バンドでの
ウィル・リーとの”リズム体”はイカしてた
近年ではジョン・メイヤー・トリオでの活動が気になるぴかぴか(新しい)

現代の3大ギタリストの一人と言われる
ジョン・メイヤーが超絶プレイで紡ぎ出す
心憎いまでメロウなリフレインるんるん

ピノ・パラディーノ、スティーヴ・ジョーダンの
リズム体がガッチリとサポートする

というわけで
アヴリル・ラヴィーンが
全くおいてけぼりにされた
冗談のような展開でした!




【Lyrics】
Some of us, We're hardly ever here
The rest of us, we're born to disappear
How do I stop myself from
Being just a number
How will I hold my head
To keep from going under

Down to the wire
I wanted water but
But I'll walk through the fire
If this is what it takes
To take me even higher
Then I'll come through
Like I do
When the world keeps
Testing me, testing me,testing me

How did they find me here
What do they want from me
All of these vultures hiding
Right outside my door
I hear them whisperin
They're tryin to ride it out
Cause they've never gone this long
Without a kill before

Down to the wire
I wanted water but
I'll walk through the fire
If this is what it takes
To take me even higher
Then I'll come through
Like I do
When the world keeps
Testing me, testing me, testing me

Wheels up
I got to leave this evening
Can't seem to shake these vultures
Off of my trail
Power is made, by power being taken
So I keep on running
To protect my situation

Down to the wire
I wanted water but
I'll walk through the fire
If this is what it takes
To take me even higher
Then I'll come through
Like I do
When the world keeps
Testing me, testing me

Oooooooooooo
Oooooooooooo
Oooooooooooo
Oooooooooooo
Whatcha gonna do about it
Whatcha gonna do about it

posted by オーメンまこと at 23:35| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

リオデジャネイロ・ブルース/ランディー・クロフォード




ホームセンターの片隅でソイツはじっと待っていた
我らに買われるのを

なあるほど!
こんなアイディアがヒット商品につながるのかもね
1枚1枚にクイズが付いたトランプ
こりゃ買いだ手(チョキ)

さっそく持ち帰りファミリートランプとするか
ダァー子 何する?
"だいふ〜うごう〜"しよう!
あ〜あ 大富豪 ね!
ワシら子供の頃は「ド貧民」って言ってた
ド貧民になると座布団取り上げられ板の間の座らされてた
教育上良くないので禁止された事もあったけどね

さてクイズか?
ブラジルの首都はどこでしょう?

ダァー子 知らん

ガシ子 リオネロレイロよ!

ん も一回言って?

リオネロレイロ

ん?も一回

リロレロレリロ

ん?

リロレロレ・・・・

どんどん悪化していってる!

まずは この曲を良く聴きましょう♪



【Lyrics】
The clouds come-a creepin' and you got me weepin' this moment
I can't believe your really gonna leave this town
everyone knows, I can't make a move with you
your turnin' my whole world, upside-down
and I get a feelin' that I've seen the last of you, Rio De Janeior Blue

The salty air, your wind-blown hair, reflection on a dream
thoughts of you with who knows who, flowin' through me like a stream
Brazilian serenades, linger on
help me lose my soul, in your song
and I get a feelin', that I've seen that last of you, Rio De Janeiro Blue,
Rio De Janeiro Blue

(Insturmental Bridge)

Months go by, I wounder why, I'm left here on my own
could it be my destiny, is to live this life alone
these dark and rainy days have turned me cold
long and sleepless nights, gettin' on
and I get a feelin' that I've seen the last of you, Rio De Janeiro Blue,
Rio De Janeiro Blue

Rio.... Rio, De Janeiro Blue
Long and sleepless nights, gettin' on
Rio......... Rio


posted by オーメンまこと at 23:06| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

ハイダウェイ/デヴィッド・サンボーン





先日熱気ムンムンの真夏の夜、ルネスホールで繰り広げられた
オヤジバンド・イベントの打ち上げに行ってきたバー

ジャンルはさまざまだけど根っから音楽好きの集まりなので
それなりに話は盛り上がったるんるん

昨年我々が演奏した"追悼、忌野清志郎"のステージを見て
感動したと言ってくれる女性バンドの淑女

年に50回ライヴをやるという初老?のベースマン

給料がすべて楽器に変わるという浜田省吾を歌うオヤジ

娘をSAX嬢として従えるソウル・バンドのバンマス

みんな頑張ってるなぁ 
熱いオヤジ達が多くてびっくりしたわぁグッド(上向き矢印)

みんなそれぞれ職場では
変人扱いの"憂き目"に遭っているって話で一致したたらーっ(汗)

ここはそんな我等の
"隠れ場"的集まりだ夜


Line-ups
David Sanborn (saxophone)
Larry Willis (keyboards)
Hiram Bullock (guitar)
Tom Barney (bass)
Buddy Williams (drums)
special guest Rickie Lee Jones (piano & vocals)



posted by オーメンまこと at 12:20| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

ブラック・カウ/スティーリー・ダン




黒い大きな牛たち
かわいそうに

口蹄疫のニュースを見るたびに
痛々しいなぁと思いながら
ついこの曲を思い出す

黒い大きな牛たち
かわいそうに

Black Cow

てっきり牛の歌かと
思い込んでいたんだけど
この詩は全く牛には関係なく
"Black Cow"って飲み物の名前らしい

考えてみたら
スティーリー・ダンが
とうとうと
牛の歌、歌うわけね〜わな



【Lyrics】
In the corner
Of my eye
I saw you in Rudy's
You were very high
You were high
It was a cryin' disgrace
They saw your face

On the counter
By your keys
Was a book of numbers
And your remedies
One of these
Surely will screen out the sorrow
But where are you tomorrow

I can't cry anymore
While you run around
Break away
Just when it
Seems so clear
That it's
Over now
Drink your big black cow
And get out of here

Down to Greene Street
There you go
Lookin' so outrageous
And they tell you so
You should know
How all the pros play the game
You change your name

Like a gangster
On the run
You will stagger homeward
To your precious one
I'm the one
Who must make everything right
Talk it out till daylight

I don't care anymore
Why you run around
Break away
Just when it
Seems so clear
That it's
Over now
Drink your big black cow
And get out of here


posted by オーメンまこと at 14:37| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

スパイス・オブ・ライフ/マンハッタン・トランスファー




今では押入れに眠っているレコード達
ターンテーブルに乗っかって
グルグル廻っているLP版を見ながら
音楽を聴くのってなんだか落ち着く♪

CDはどうも味気ない
レコードのLPジャケットが良かったなぁ〜
あの大きさが良かったぴかぴか(新しい)
最近の世の中は合理主義的で面白みがな〜い


ほろ酔い気分で心地が良いぞ〜バー
お酒は人生のスパイスだ
音楽は爆発だむかっ(怒り)

マントラもまだまだ活動してくれているのが
嬉しいなぁ〜グッド(上向き矢印)
チック・コリアのカバーアルバムも
是非全曲聴いてみた〜いるんるん



【Lyrics】
Down on the corner there's a reason to smile
When those evenin' shadows fall
Some kinda feelin' that it's hard to deny
Once the neon lights start to call
People out there searchin' for action
Daytime distraction slippin' right on by

Tonight, let's taste the spice of life
Keep it sweet until the mornin' light
Watch fantasy unfold
And let the lovin' flow

Caught in the madness of a summer romance
At a moonlight rendezvous
Lost in the spirit of a sensual dance
That can cast a spell over you
All you need's a night to remember
Flyin' together on the highest high

Tonight, let's taste the spice of life
A little music and some candlelight
Put passion in control
And let the lovin' flow

Could be the start of a million dreams we share
So lay back in the feelin' let the evenin' take you there

All we need is a night to remember
Flyin' together on the highest high

Tonight, let's taste the spice of life
A little music and some candlelight
Put passion in control
And let the lovin' flow
All night we'll taste the spice of life
Keep it sweet until the mornin' light
Watch fantasy unfold
That's the only way to go






posted by オーメンまこと at 21:30| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

I can't go for that/ホール&オーツ





近年ドラムマシンとかが凄く進歩して
さまざまなリズム・パターンやフィル・インまで
プログラミング出来るそうだけど

曲がりなりにもドラマーの端くれとしては
機械的なリズムってどうも好きになれない

昔"つのだひろ"が言ってた
リズムってのは人間が生み出すものでないと
リズムとは言えない とるんるん

つのだひろのドラミングなどは
曲調によってかなりテンポが変わるけど
聴いてて違和感はなく
人間味あふれる躍動感が
本当の生きたグルーヴを感じさせる音楽

メトロノームのようなリズムに乗っかった
音楽ってなんか味気ないバッド(下向き矢印)

だけどそんななかで
ホール&オーツの音楽は不思議なことにexclamation

パルスのような一定のリズムが
心拍に呼応するなフィーリングで
なぜか妙に心地よいのですぴかぴか(新しい)




【Lyrics】
Easy, ready, willing, overtime
Where does it stop
Where do you dare me
To draw the line
You've got the body
Now you want my soul
Don't even think about it
Say, no go
I, I-I, I 'll do anything
That you want me to do
Yeah, I, I-I, I'll do almost anything
That you want me too, ooh
Yeah

But I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that
Can't go for that
Can't go for that
Can't go for that

I can go for being twice as nice
I can go for just repeating
The same old lines
Use the body
Now you want my soul
Ooh, forget about it
Now say, no go

I, I-I, I 'll do anything
That you want me to do
Yeah, I, I-I, I'll do almost anything
That you want me too, ooh
Yeah

But I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that
Can't go for that
Can't go for that
Can't go for that, yeah

[Instrumental Interlude]

Yeah, I, I-I, I 'll do anything
That you want me to do
Yeah, I, I-I, I'll do almost anything
That you want me too, ooh
Yeah

But I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that, nooo
(No)
No can do
I can't go for that
Can't go for that
Can't go for that
Can't go for that, yeah..





posted by オーメンまこと at 22:56| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

ルパン三世のテーマ/akiko





You Tubeで好きな曲を検索するのが日課となり
ほとんどビョーキの様相を呈してきたあせあせ(飛び散る汗)

ある程度ヒットした曲は、音質の良いのが見つかり
ほぼ満足しているんだけど
少しマイナーな曲は良いものが見つからないことがある眠い(睡眠)
そこで、ないのだったら自分でアップすればいいんだ!
ということに思い当たったぴかぴか(新しい)

始めは全くやり方がわからなかったけど
なんやらかやら検索したりして
単純な写真1枚の動画や(動画と呼べるのか??)
数枚の写真が切り替わる動画であれば
フォトストーリーで
簡単に作れることを発見した!

DVDや動画の扱い方がイマイチ
わかんないんでだけどぉ〜たらーっ(汗)

今日は初めて自分でYou Tubeにアップした
akikoルパン三世のテーマを貼り付けます!

フォトストーリーの『出来』ど〜すか?
ド素人ですが・・・・・たらーっ(汗)




posted by オーメンまこと at 23:20| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

君が僕を知ってる/RCサクセション

君が僕を知ってる/RCサクセション





2009年はオバマ大統領が当選したり
民主党が政権交代を果たしたりと
激動の1年とも言える年だったが
我が家の2009年も激動?の1年だった

私オーメンまことは会社での所属部署が変わり
席が約10メートル異動?移動?した
バン活は夏のイベントひとつのみに終わり
ちょっと残念だったが、
今年バンド名も変わっての再出発となった

女房(通称;ガシ子)も仕事上の立場が変わり
けっこう大きな変化があったといえる

長男(通称;Y君)は就活モードに突入し
ロンゲが何気に普通の髪型に変わった

長女(通称;ダー子ツー)は大学生となった瞬間
キンパツ娘となり、はじけてしまった!

次女(通称;ダー子スリー)は高校入試をひかえ
夏には部活を引退し、机かじりつき状態となった

次男(通称;ドゥー雄)はソフトテニス中国大会出場を果し
来年の目標は全国大会となった!?

三女(通称;ダー子)は九九をマスターし
今後は九九のくだり(逆から言うやつ)に挑戦する

テツ(MIX犬;これは本名)だけは・・・・
マイペース変化なし!



音楽界ではやはり惜しい人をなくしたことばかりが
記憶に残る年だった気がする

今年のしめくくりの「今日の気分なこの一曲」は

君が僕を知ってる

posted by オーメンまこと at 14:20| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

ペグ/スティーリー・ダン

Peg/Steely Dan





10年経っても20年経っても飽くことなく
無性に聴きたくなるような音楽がある

そんな音楽のひとつ 
スティーリー・ダン
って言うかドナルド・フェイゲンの楽曲

ロックとかひとつのジャンルに括ってしまうには
あまりに高尚で洗練されてる
参加ミュージシャンも贅沢だし
徹底的に追求された音創りの賜物だ

ホーン、ギター・カッティング、
ストリングス系キーボード、女性コーラス
リズム・セクション、硬い音質のチョッパー・ベース
それにドナルド・フェイゲンのヴォーカル
どれをとっても申し分なくイケてる

おそらく更に10年後になっても
聴き続けてると思うなぁ



【Lyrics】

I've seen your picture
Your name in lights above it
This is your big debut
It's like a dream come true
So won't you smile for the camera
I know they're gonna love it

I like your pin shot
I keep it with your letter
Done up in blueprint blue
It sure looks good on you
And when you smile for the camera
I know I'll love you better

Peg
It will come back to you
Peg
It will come back to you
Then the shutter falls
You see it all in 3-D
It's your favorite foreign movie




posted by オーメンまこと at 12:17| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

Hard Times/阿川泰子





子供にタミフルを飲ませると
異常行動を起こす、と言う話があったが

聞いた話によると
タミフルを飲むと高低差の感覚がなくなり
2階と1階の高さがほとんど感じられなくなって
2階からだって平気で飛び降られるような
気分になるらしい犬

なので子供にはタミフルよりもリレンザを・・・

我が家もついに罹患者が3人に・・・
在宅の子供は全滅右斜め下



風邪にパブロン

インフルにはリレンザ

冬の冷え込む夜にはAOR

Hard Times は この人も歌ってます♪







posted by オーメンまこと at 22:46| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

ハード・タイムス/ボズ・スキャッグス

Hard Times/Boz Scaggs





倉敷の街がJAZZるんるんで溢れていた日
ドゥー雄のペアは地区の中学ソフトテニス大会で優勝したグッド(上向き矢印)

160ペアが参加した大会だったので
1勝で128ペア(不戦勝を含んで)、2勝で64ペア、3勝で32ペア、
4勝でベスト16、5勝でベスト8、6勝でベスト4、7戦目が準決勝、
8勝してみごと優勝!したわけだ

160ペアの内訳は、今年からソフトテニスを始めたばかりの
1年坊主もいるので序盤はたいしたこたあないが
地区の大会とはいえ優勝は1ペアしかいないわけだし
幸運が重なった結果とはいえ最後まで負けなかったのだから
親としては 鼻 た〜かだ〜か だexclamation×2

そんなわけで夕飯は
「祝いじゃ〜!わしのおごりじゃ〜!
デザートでも何でも好きなだけ食べろや!」
と騒ぎながら105円均一のくるくる廻るお寿司屋さんへと繰り出した

家族全員くるくる廻るお皿を思う存分たいらげ
ドゥー雄も大満足の面持ちで家に帰ったところ
なんだか顔が変に赤い?

翌日も熱っぽいので学校を早めに切り上げて
医者にかかったところA型インフルの陽性反応が出た!

なんとドゥー雄、今年2回目のインフルだ!
先日、妹のダー子がA型に罹った直後に
ドゥー雄が微熱を出し、医者は検査もせずにインフルだと断言した
その医者の言葉を根拠に学校を休んだ
微熱が3日ほど下がらなかったので
下がった後の2日もいれて5日間ほど休んだはずだ

なのにまた、インフルだなんて学校に言えないぞぉ〜
先生に相談したところ、
「初めてのケースですね」
と言われながら
前回のは「季節型のインフル」、今回のは「A型インフル」
ということで処理しましょう
てなわけで一件落着
やれやれだ

そんなわけで12/23の県の強化練習試合には
参加出来なくなってしまったが
週末の中国大会@松江までには
なんとか体調を整えてもらわないとグッド(上向き矢印)

そんなこんなで
ドゥー雄にとっては波乱万丈の昨今〜Hard Times〜であった




【Lyrics】
I am down in the sea of confusion
Beneath the waves of no recovery
Swept away by a distant voice calling
Ain't no use in trying to rescue me

I am falling back into your spell
Back into your cell of no return
No way to rescue me

I still see you reaching out to take your hold on me
Through a crack in the moon I believed you
But I know this time there ain't no use

I am falling (I am falling) back into your spell
Back into a cell of no return
No way to rescue me
Falling (falling) back into your spell
Back into your cell of no return
No way to rescue me

I am falling (Iam falling) back into your spell
Back into your cell of no return
No way to rescue me
(Falling) Back into your spell
Back into your cell of no return
No way to rescue me




posted by オーメンまこと at 22:36| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

ジョージ・ポージー/トト





ドラマーにとってスネアは命揺れるハート

何年かぶりにヘッドを張り替えてみた

今まで2重になったヘッドを使い、ローにチューニングして
かなりミュートを効かすことにこだわっていたけど
最近気が変わり、ノーマルなコーティング・ヘッドを
ハイにチューニングしてみたー(長音記号1)

スナッピーも効かすために裏ヘッドもパンパンに張ってやろうと
キーをキリキリ巻いていると!案の定加減知らずで
破れてしまったどんっ(衝撃)

(俺はほんとにドラマーか!??)

それで裏ヘッドも張り直すことに・・・・・
四苦八苦やった挙句
う〜ん納得!とまではいかないまでも
ほぼ自分のイメージに近づいた
抜けのある?音になったような気がする!グッド(上向き矢印)

スティーヴ・ジョーダン・モデルや
ジェフ・ポーカロ・モデルのようにはいかないけど・・・

準備は万端、腕がうずうず、うずいて?きたぞぉ♪




【Lyrics】
It's not your situation,
I just need contemplation over you
I'm not so systematic,
it's just that I'm an addict for your love
Not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only world


Just think how long I've known you,
it's long for me to own you, lock and key
It's really not confusing,
I'm just the young illusion, can't you see


I'm not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only world


Georgy Porgy, pudding pie,
kissed the girls and made them cry
Kissed the girls and made them cry,
kissed the girls and made them cry


(Instrumental break)


It's not your situation,
I just need contemplation over you
I'm not so systematic,
it's just that I'm an addict for your love


Not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only girl
I'm not the only one that holds you,
I never ever should have told you
You're my only world


Georgy Porgy, pudding pie,
kissed the girls and made them cry
Kissed the girls and made them cry,
kissed the girls and made them cry


Georgy Porgy, pudding pie,
kissed the girls and made them cry
Kissed the girls and made them cry,
kissed the girls and made them high


Georgy Porgy
Kissed the girls and made them cry,
kissed the girls and made them high
Georgy Porgy
Kissed the girls and made them cry,
kissed the girls and made them cry




posted by オーメンまこと at 22:31| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

カメレオン/ハービー・ハンコック




このところ休日は
息子のテニスの試合観戦をすることが多い
この週末も県強化練習試合を観戦した

ダブルスのソフトテニスの試合は
駆け引きが多く
見ていておもしろくて
はまってしまった

夜は夜でTVのグラチャンバレーの観戦だ
思わず声を荒げて
家族の白い視線を浴びるものの
それでもかまわず
声を荒げてしまう

バレーのリベロとセッターは
バンドでたとえるとリズムセクション
ってところだろう

リズム・セクションがしっかりしている
音楽は聴いていて落ち着ける
カメレオンの色のように
形勢がコロコロかわって
ハラハラドキドキすることもない

そう、この落ち着きはらった重厚なドラムのリズムは
ハービー・メイソンによるもの





posted by オーメンまこと at 22:07| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

Cashaca/Spyro Gyra

Cashaca/Spyro Gyra




スティーリー・ダンのエイジャが
スティーヴ・ガッドの最高傑作と言われるなら

スティーヴ・ジョーダンのドラミングの
最高傑作はこの楽曲、いちおしですね

スパイロ・ジャイラのカシャーカ

『Cashaca』??とは何のことかよくわからなかったので
インターネットとかで調べてみると
どうやらブラジルの酒の一種のこと、のようです

リズム・セクションは、ウィル・リー&スティーヴ・ジョーダン
エンディングのかっちょエエ〜 ギター・ソロは
ジョン・トロペイですよ


Sax & Acoustic Piano - Jay Beckenstein
All other Keyboards - Tom Schuman
Guitars - Chet Catallo
Guitars - John Tropea
Bass - Will Lee IV
Drums - Steve Jordan
Percussion - Gerardo Velez
Percussion - Crusher Bennett
Percussion - Steve Kroon
Polyphonic Synth. - Rob Mounsey
Guitar Solo - John Tropea






posted by オーメンまこと at 00:02| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。