2011年09月17日

ソウル・ウィズ・ア・キャピタル”S”/タワー・オブ・パワー




久々の関東方面の出張だった
懐かしのSoul Train ならぬ Soub Train(総武線)沿線電車
錦糸町あたりで見慣れた風景の中に
見慣れぬものが
あ、東京スカイツリーだ!!
ほら、ほら 電車に乗ってるみんな!!
スカイツリーが見えてるよ、ほら!グッド(上向き矢印)

ん、誰も見向きもしてない眠い(睡眠)
みんな そうバッド(下向き矢印)見慣れてるんだバッド(下向き矢印)
”おのぼりさん”状態はワシだけじゃあぁぁぁぁ!!!!

奇しくも大震災の最中に難工事を終え
新しい日本の夜明けを象徴するがごとく
天空にそそり立つスカイツリーよるんるん

"おのぼりさん"と指さされてもいい
その雄姿を熱い眼差しで見続けるぞぉ

これぞタワー・オブ・パワー 
じゃな〜音楽



【Lyrics】
There's all kinds of music, everywhere you go
Some folks like it fast, and some like it slow
Some like it hot, some like it blue
Uh some like it old, and some like it new
Now I'm not liking country, and I'm not rappin' rap
You can make a man swing, just say my thing
No, I'm talkin' to dig, my step
The only thing that turns me on
Is when I hear a soulful song
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
Music makes you happy, thinking makes you sad
It can do the worst thing to the best you ever had
For entertainment found you if you had to choose
You and me might disagree, 'cause I like rythm and blues
Now I'm not missin' disco, I'm not saying punk is bunk
I can't settle for heavy metal, cause I got to have that funk
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
Oh, there's people who tell you to get in with the times
It doesn't even matter that if your poem rimes
But I'm here to tell you, whatever comes along
There's something that gave up everyone and there ain't no right or
Wrong
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
Some rock makes you lazy
Highschool leaves you flat
Fusion drives you crazy
That's now funk is where it's at
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
Solo
I like soul with a capital S
Soul with a capital S
Sweet soul music, that's the best
Soul with a capital S
Play that funky groove
posted by オーメンまこと at 09:45| Comment(4) | 闘志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

ザ・トム・アンド・ジェリー・ショー/上原ひろみ





他人の苦労は やってみなきゃあ わからない


子供会のバス旅行バス
去年まではビールかっくらって子供放置してたけど
今年はそうはいかない、omが子供会の世話役だからである
小学生が21人集まると
やらかしてくれる

行きのバスの中バス
ひとりに一袋ずつ用意した「おかし袋」の中身にケチをつけたかと思うと
ジュースはあれがない、これがない、の大騒ぎ
「大人にはビールもありますよ〜 欲しい方〜?」
とアナウンスすると
「ハ〜イ」と一斉に手をあげる子供たち手(パー)手(パー)手(パー)

しばらくすると
膨らましたフーセンガムがはじけて自分の顔にひっつき
目がふさがってバスの中をよろけ廻る奴が現れたたらーっ(汗)
まわりはそれを見てヤンヤヤンヤの大騒ぎ

ガラス作り体験〜ガラスの里〜に着くと
ガラス作りはそっちのけで
エントランスにある池の中で泳いでいる
飢えた鯉に小さな生きたカエルを食わせて遊びだす有様だ


こいつら絶対ひとりずつ首しめていったる!!むかっ(怒り)
親の顔が見たいわexclamation×2

親は私たちですが・・・・・・

あっ、これはこれはご近所の皆様方あせあせ(飛び散る汗)
おかげさまでバス旅行は阿鼻叫喚
トムとジェリー級の大騒ぎでございます、ハイるんるん


タグ:上原ひろみ
posted by オーメンまこと at 20:53| Comment(8) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

ビコーズ・ザ・ナイト/パティ・スミス





今日午前様だぜワンコ♪

ガバッと水面から顔をあげた・・・・ような気がした。
あれえ 今なにしてたっけ?
もの思い(ただの考え事?)に耽り
意識の水面下に潜り込んでいた。
体は洗ったっけ?シャンプーがおわって
これからリンスするところだったかなぁ?
確かぁ・・・・体は洗った!・・・・・  と思う。
その後・・・・・・・  シャンプーしたっけ?
思い出せない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ともかく“夜”は夜
こうした、間の抜けた、緊張感のない、
まったりとたゆたうような“安らぎ”のためにある。
そしてまた夜は夜
「愛し合ってるものたち」のためにある・・・・・・なんて!
最近 濡れ場系しっとりミュージックがブームのようなので
今日の気分な一曲は
ビコーズ・ザ・ナイトかわいい

それにしても
恐るべき“アルツ”への入り口が
ヒタヒタとそこまで迫ってきている戦慄に震えた
夜のヒトコマであった。ダッシュ(走り出すさま)



【Lyrics】
Take me now baby here as I am
Pull me close, try and understand
Desire is hunger is the fire I breathe
Love is a banquet on which we feed

Come on now try and understand
The way I feel when I'm in your hands
Take my hand come undercover
They can't hurt you now,
Can't hurt you now, can't hurt you now
Because the night belongs to lovers
Because the night belongs to lust
Because the night belongs to lovers
Because the night belongs to us

Have I doubt when I'm alone
Love is a ring, the telephone
Love is an angel disguised as lust
Here in our bed until the morning comes
Come on now try and understand
The way I feel under your command
Take my hand as the sun descends
They can't touch you now,
Can't touch you now, can't touch you now
Because the night belongs to lovers ...

With love we sleep
With doubt the vicious circle
Turn and burns
Without you I cannot live
Forgive, the yearning burning
I believe it's time, too real to feel
So touch me now, touch me now, touch me now
Because the night belongs to lovers ...

Because tonight there are two lovers
If we believe in the night we trust
Because tonight there are two lovers ...
posted by オーメンまこと at 01:17| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

リアル・シング/カラパナ




やべぇ やべぇあせあせ(飛び散る汗)
学校から帰ってくるなりドゥー雄が騒いでいる
何がそんなにやばいんだぁ?
やべぇ やべぇ 国語のテストがかえってきた〜
あせあせ(飛び散る汗)
テストの点のことか・・・・・・

ん、まてよ?最近の若い連中は
「やばい」って言葉を極端に悪い時だけじゃなく
良い時にも使うじゃないか!
うまいものを食った時に「やべぇ〜」とか。
て事は、テストの点がやばいってことは
すごく点が悪かったか、はたまたすごく良かったか
どっちかってことだ!!グッド(上向き矢印)

それでドゥー雄 テストはどうだったんだぁ?グッド(上向き矢印)

・・・・・・・・・・21点・・・・・・・・・・・・・・・・

どっ  ひゃぁーーーーーーーバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
本来の意味の・・・・本物の『やばい!』ではないか!!
一瞬でも淡い期待に胸を膨らませた親がバカだったたらーっ(汗)

というわけで
”本物”に打ちひしがれた今日の気分な一曲は

カラパナのリアル・シング

カラパナのワイキキ・ビーチ・サウンドが
行く夏を惜しみます晴れ




【Lyrics】
Here comes the night
Once again
I'll be feeling lonely
Oh, if only things could work out like you plan
Where can love be
Tell me why it's so hard to find somebody
Who will stand by me
And take the time to understand
And show me love again
I want the real thing
Or nothing at all
I need someone that I can be sure will catch me
If I should fall
Someone who'll be there when I call
Then I'll know that it's the real thing
I want the real thing
To warm me each night
Someone to love me over and over
Making the future bright
Somebody who will make it all right
Just give me the real thing
Where is the moon?
Won't it smile
On just one more dreamer
Let your beams come down
And fill my empty room
Here comes the night
But if there's still a chance
That love can find me
I'll be here
Crossing my fingers
I want to know for sure
That I can feel secure
Knowing I've found an everlasting love
And once I get that under control
Then I won't let go
posted by オーメンまこと at 22:15| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ/ダイアナ・ロス




やばい やばいあせあせ(飛び散る汗)
横殴りの風が東の窓硝子に
パラパラと雨粒を叩きつけてる

台風の岡山直撃は14年ぶりだと言う
14年前といえば、そうそう・・・・ん?
全く覚えてましぇんたらーっ(汗)

いつもは四国の険峻な山々に助けられ
進路がそれたり勢力が弱まったりするんだけど
今回は結構キツイみたいだぁ
今日は一日ひきこもりに徹するしかないようだ眠い(睡眠)

険峻な山々の加護を期待しながら
ひきこもる、そんな
今日の気分な一曲はexclamation

エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ

オリジナルも良いけど今日は
ダイアナ・ロスでるんるん

豊かな表情、おみあし、
シンガーなら誰しも一度はこんなパフォーマンスで
歌ってみたい、と思わせる?ド派手パフォーマンス
が気に入ったのでぴかぴか(新しい)



【Lyrics】
If you need me, call me. No matter where you are,
no matter how far. Just call my name.
I'll be there in a hurry.
On that you can depend and never worry.

No wind, (No wind) no rain, (no rain)
Nor winter's cold
Can stop me, babe (oh, babe) baby (baby)
If you're my goal

No wind, no rain,
Can stop me, babe
If you wanna go

I know, I know you must follow the sun
Wherever it leads
But remember
If you should fall short of your desires
Remember life holds for you one guarantee
You'll always have me

Ain't no mountain high enough
Ain't no valley low enough (Say it again)
Ain't no river wild enough
To keep me from you

Ain't no mountain high enough
Ain't no valley low enough (Say it again)
Ain't no river wild enough
To keep me from you

Ain't no mountain high enough
Nothing can keep me
To keep me from you

Ain't no mountain high enough
Ain't no valley low enough (One more time)
Ain't no river wild enough (Say it again)
To keep me from you

Ain't no mountain high enough
Nothing can keep me
To keep me from you


posted by オーメンまこと at 11:57| Comment(9) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ア・ソング・フォー・ユー/レオン・ラッセル




バースデーは誰にとっても特別な日
だけど当日、自分から言い出す奴はいないだろう
誰かの誕生日当日、我が家では
朝起きぬけに気づいた者から
「おめでとうexclamation」と声をかけるのがならわしだ

しかし8/31 ダァー子の誕生日当日
家族みんな起きてきたのに誰も声をかけないあせあせ(飛び散る汗)

だんだん不安になったダァー子は
omの方にニヤついた視線を投げかけながら
カレンダーをチラ見している

(あっ しまった)と内心思いながら、さりげなく
『ダァー子、ハッピーバースデー揺れるハート』と叫んだ

すると、家族全員
今日がダァー子の誕生日だと誰も気づかなかったくせに
そんなこたぁおくびにもださず
口々に「おめでと〜」などと言う

ダァー子曰く
「さっきママにダァー子は何時頃生まれたのか聞いたのに
それでもママは、朝早かったよ〜とか答えるだけで・・・・・」

そぉか〜そりゃあんまりだたらーっ(汗)
かわいそうなダァー子 いじけるな
PAPAがダァー子だけに特別な歌を捧げてあげるからね揺れるハート



【Lyrics】
I've been so many places in my life and time
I've sung a lot of songs I've made some bad rhyme
I've acted out my love in stages
With ten thousand people watching
But we're alone now and I'm singing this song for you

I know your image of me is what I hope to be
I've treated you unkindly but darlin' can't you see
There's no one more important to me
Darlin' can't you please see through me
Cause we're alone now and I'm singing this song for you

You taught me precious secrets of the truth witholding nothing
You came out in front and I was hiding
But now I'm so much better and if my words don't come together
Listen to the melody cause my love is in there hiding

I love you in a place where there's no space or time
I love you for in my life you are a friend of mine
Lyrics www.allthelyrics.com/lyrics/leon_russell/
And when my life is over
Remember when we were together
We were alone and I was singing this song for you

You taught me precious secrets of the truth witholding nothing
You came out in front and I was hiding
But now I'm so much better and if my words don't come together
Listen to the melody cause my love is in there hiding

I love you in a place where there's no space or time
I love you for in my life you are a friend of mine
And when my life is over
Remember when we were together
We were alone and I was singing this song for you
We were alone and I was singing this song for you
posted by オーメンまこと at 23:59| Comment(11) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

ゴット・イット・クリア/ワークシャイ




夏休みがもうすぐ終わるとなると
子供たちはのんびりとはしておれず
残った宿題に追いまくられてる
(世代が変わってもやってることは同じだ)犬

高校男子は学校が始まると"頭髪検査"があるらしく
長すぎたりアシメだったりすると
OKが出るまで何度でも検査され
しまいには親が呼び出されるらしいたらーっ(汗)
(アシメ=左右対称じゃない髪型を指す言葉と最近知った)

夏の間、流行の?"アシメ"にして
片側だけベロンと目にかかった髪を
母親のアイロン?を使って
真っ直ぐにのばしていたドゥー雄は
当然検査に通るわけもなく
泣く泣く床屋に行ったようだもうやだ〜(悲しい顔)

これでやっと毎日聞こえていた
ガシコ子の「髪、切れ〜、髪、きれ〜」という
ヒステリックミカバンド的シャウトが聞こえなくなったグッド(上向き矢印)

しかし本日登校日初日
それでもドゥー雄は"頭髪検査"にひっかかったらしいあせあせ(飛び散る汗)

やれやれいつになったら
クリアできるものやら

ワークシャイのメロウなサウンドが
ゆく夏を惜しみまするんるん


※曲名のcrear は clear じゃなく
 意味はよく??です、あしからず



posted by オーメンまこと at 21:46| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

アンチェイン・マイ・ハート/ジョー・コッカー




やっと開放されたぁ!理不尽な業務命令からグッド(上向き矢印)

この場所を
サラリーマンのぼやきの場にするつもりはないけど
今回だけはぼやいちゃう犬

たとえばこういうことだ

炉に穴が明いていて塞がないと大変なことになる
おまえ決死の覚悟で塞ぎに行けexclamation

こういう話ならわかる

そうじゃなく
イラカンみたいな人が、イライラしながら
現場は大変なことになっている
とにかく何を差し置いてでも行け。
行けったら行けぇ〜〜むかっ(怒り)

現地に行ってみると問題自体がはっきりせず
解決方法も釈然としない
挙句、出来ることといえば、
Aに置いてあるものをBにかわし、
終わったら再びBからAにかわすような仕事
要するに全く意味がない仕事なのだパンチ

やっと上層部もあ〜くだらねぇ、
ってことに気がついたんだろう
気付くの遅すぎたらーっ(汗)

まぁとりあえず開放されたグッド(上向き矢印)

ジョー・コッカーのハスキー・ボイスよ
傷ついたマイ・ハートを解き放ってくれるんるん



【Lyrics】
Unchain my heart baby let me be
Cause you don't care please set me free

Unchain my heart
Baby let me go
Unchain my heart
Cause you don't love me no more
Every time I call you on the phone
Some fella tells me your not at home
Unchain my heart set me free

Unchain my heart
Baby let me be
Unchain my heart
Cause you don't care about me
You got me sewed up like a pillow case
But you let my love go to waist
Unchain my heart set me free

I'm under your spell
Like a man in a trance
You know darn well that I don't stand a chance
Unchain my heart let me go my way
Unchain my heart you worry me night and day
I live a life of misery
And you don't care a bag of beans for me
Unchain my heart set me free

Solo

I'm under your spell
Like a man in a trance
You know darn well that I don't stand a chance
Unchain my heart let me go my way
Unchain my heart you worry me night and day
I live a life of misery
And you don't care a bag of beans for me
Unchain my heart set me free
posted by オーメンまこと at 19:43| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

フォー・ユア・プレシャス・ラブ/オーティス・レディング



*オーティス・レディングの動画はすぐ削除されるようです。
 ストーンズに貼り替えてます。 ミックも良いわぁ♪



その顔はまるでお岩じゃねーか
イケメン台無し!女子のファンが何人か逃げたなダッシュ(走り出すさま)

先日、男ばかり4,5人でプールに行ったドゥー雄は
片目をお岩さんのように腫らしているたらーっ(汗)

メバチコかと思ったら、診断は眼窩蜂巣炎!?
目が蜂の巣exclamation&question

原因ははっきりしている
プールに繰り出す前にドゥー雄は
新しいゴーグルを買い、意気揚々と出かけて行った
そのゴーグルはサングラスみたいに反射して
視線が他人から全くわからない
それをいい事にビキニ姿の胸元やヒップラインを
見まくってきたのだハートたち(複数ハート)
その天罰がくだって目が腫れたのだあせあせ(飛び散る汗)

まあ高校1年の頃と言えば仕方ない
自分もそうだった
昼間見たビキニ姿はそのま眼に焼付き
夜の股間を悩ませる揺れるハート


でも本当の恋はそんなんじゃない
10年早いね
いや、20年あるいは30年かもしれない


本当のプレシャス・ラブを知るのは




【Lyrics】
Your precious love, now
Me moan to me
They didn't love, they didn't love would ever be, me
For when i wanted you, oh now
I was so lonely and so blue
That's what love, that's what love really made me do

And darling, oh, they keep saying that our love will go, now
But honey i wanna tell them
And i just wanna show them
How in the world do they know, now

It's very long, oh now, oh now
For as long as you make love with me, now
I know our love will grow wider
And so deeper than any any ever seen, now


Of all, of all the things that i want, now
In this whole wide world is just
For you to say, for you to say
That you'll be my my girl, now, now

And i'm calling, i wanting you
I just keep wanting you, now, oh now
I'm wanting you, now
Nobody but you, now
Nobody but you, now

Oh, i just wanna tell you just one more time
For your precious love, now, oh my
It means everything in the world to me
Everything in the world to me
And i'm just so wild, now
Just to have you
Right on with me,
Oh now, now, now
posted by オーメンまこと at 01:01| Comment(12) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

ビーン・トゥ・キャナン/キャロル・キング





麦わら帽子は もうきえた
たんぼの蛙は もうきえたるんるん

夏休みと言えば
絵日記

絵日記のネタのために
出かける

出かけなかいけない ってわけで
花火大会へ出かけたグッド(上向き矢印)

ある意味 故郷
自分が小学校前から高校卒業までを
過ごした土地

懐かしい風景もいくらか残っているものの
一面たんぼだった所に店が立ち並らび
たんぼの蛙たちは 
消えていた

懐かしきキャナン
キャロル・キングの歌う"Been To canan"は
故郷のような
自分にとっての安らぎの地を
歌った曲だそうでするんるん




【Lyrics】
Green fields and rolling hills
Room enough to do what we will
Sweet dreams of yestertime
Are running through my mind
Of a place I left behind

Been so long, I can't remember when
I've been to Canaan and I want to go back again
Been so long, I'm living till then
'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again

Though I'm content with myself
Sometimes I long to be somewhere else
I try to do what I can
But with our day-to-day demands
We all need a promised land

And it's been so long, I can't remember when
I've been to Canaan and I want to go back again
Been so long, I'm living till then
'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again

Oh, I want to be there in the wintertime
With a fireplace burning to warm me
And you to hold me when it's stormy

Been so long, I can't remember when
I've been to Canaan and I want to go back again
Been so long, I'm living till then
'Cause I've been to Canaan and I won't rest until I go back again
posted by オーメンまこと at 00:49| Comment(6) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。